PowerCommander IIIr [取り付け&セットアップ]
取り付け&セットアップについてご説明させて頂きます。

また、買ったのに付け方がわからない。付けたのに動かない。マップが送れないなどのトラブルがありましたら、お気軽にメール頂きたいと思います。

ZX-12Rを例としてご説明しておりますが、パワコマはバイクのECUとインジェクションの間に噛ませるので、他の車種でもほぼ同様の作業で取り付け可能です。
GSX-R1000 への取り付けはこちらをご覧下さい!
1)シート、シートカウル類を外し、タンクをプルアップさせる。
作業しやすいようにリア周りは全て外すと作業しやすいです。
2)PC3rのコネクター(大)をタンク下インジェクター(バイクの進行方向を見て)左側のコネクターにバイパスさせる。
付くべきところにしか付かないのでまず間違いはないでしょう。タンクを降ろす際、カプラーに乗らないストレス無くセットしましょう。
3)リアブレーキコネクターに赤カプラーをバイパスさせる。

この部分に通すとタンクの下敷きにならずに無事セットできます。
4)アースをバッテリーの(−)端子に直付けする。
購入時のアースの長さは短いので、とりあえずここへ。しかし、最終的には必ず延長してバッテリーの(−)端子へつないで下さい。
5)リアスペースに配線の通り道を造るのもお勧め。とにかく配線にダメージが起きないようにしましょう。
なるべく水害に遭わないよう内側を通しましょう。コネクターは中側に無理のないようにセットするとタンクも無事リセットできます。
この様に通すと無理なくセットできます。
見にくいですが、配線が素直にこれるようボックスを溶かして配線の通り道を作り、ストレートになるようにします。
6)これでパワコマのセットは完了です。エンジンを始動し、インジゲーターがアクセルに同調し上下することを確認して下さい。確認後、パソコンでマップをインストール。(下記参照)
タオルの上においてマップ送信中です。終了後はタオルでくるみ、リアスペースにセットしましょう!テープなどで直留めするよりもタオルにくるみ衝撃を避けることをオススメします。
<推奨>
*)アースは必ずバッテリー(−)端子に直に取り付けして下さい。上の写真のアース取り付け位置のナットは車種によりますが、とてもガタ起きやすくナット接触不良の原因第一位です。バッテリーもしくは安定して取り付けできる場所へ移動をオススメします。
<注意点>
1)ブレーキランプのラインにバイパスさせる赤カプラーはガタがおきやすいので強化補強する必要性あり。 防水テープなどで巻くとよいでしょう。(推薦)

2)PC3r本体になるべく振動&水濡れがないように保護する必要性あり。(推薦)

<リアスペースにタオルでPC-IIIr本体を包み、さらに隙間をタオルでふさいで安定させてます。あまり固定するよりは直接振動が伝わらない状態がベストではないでしょうか?皆さんこの方法で使用して頂いていますが、トラブルは未だ無しです。>

セットアップ : パワーコマンダーコントロールソフト&マップのインストール
1)パソコンとPC本体を接続。 9ピン9ピン(2m)のケーブルが付属されています。USBの方は”9ピン−USB”変換を家電用品店などで入手して下さい。
2)付属CDを立ち上げる。一度立ち上げると自動的にインストールされ次回からはCDを入れる必要ありません。 パソコンのCディスクに "pwrcmdr"というフォルダが自動的に作成されます。付属マップ以外で、御自分でお作りになったマップ等をここに保存しておくと、マップを開く際にとても便利です。
3)ブラウザの右上の”マップインストール”画面を立ち上げる。 [なぜか、最新バージョンが使用不可の場合があります。その場合はここをクリックしてダウンロードして使用してください。]
4)PCに送りたいマップを選択し、開く。(例: Muzzyの方は、Muzzy MAPを選択!!)
5)特に必要ありませんが、念のためバイクのエンジンをかけ電圧を稼ぎましょう。(基本的にカワサキ・ホンダ車は、イグニッションをオンにすればOKです。スズキ・ヤマハ車はエンジンをかけないと接続ができない為、パワーモジュールを活用して下さい。) ここでパソコン画面上のエンジン回転数及び、スロットル開度などが各々数値を示すこと確認。表示されていない場合、PC本体とパソコンがつながっていないので、CONTROL CENTER画面上の、COMポートをいずれか選択して接続ポートを探します。(Com1か、Com2でまず接続できます)

回転数がパソコン画面にちゃんと出ていればOK。エンジンをかけてない場合は回転数:0となります。またエンジンに軽くふかし、PC3r本体のインジケーターが上下に動けば接続はされています。これでセットアップするにあたり準備完了です。

6)接続が確認できたら、最初にスロットルポジション(TP)をセットしましょう。ブラウザ上一番右上のツールから、”set throtle position”を選択。 スロットルから手を離しフリーの状態で、”TP close"をクリック。これで全閉セット完了。 次に、スロットルを全開に握って、”TP open”をクリック。これで、全開のセット完了。 "OK”をクリックして閉じる。これでTPセットは終了です。スロットルケーブルは延びる物なので、半年に一度くらいはこのTPをセットし直しましょう!!

7)マップ選択(画面の右の”開く”からマップを選択して下さい)。TPセットアップが終わったので、”全てを送信”をクリックしてアップロードします。ブラウザーの一番下に、送信完了がでたら無事終了。 ”全てを送信”の全てとは、燃料マップとイグニッションタイミングマップ両方を送信。という意味です。 本当に送られたか不安の場合、”全てを読み込む”をクリックし送ったマップを呼び戻しましょう。 同じマップが返ってくるはずです。
8)この後セッティングされる方は、A/F計、ノックセンサー、排気温計などをつけて、あとはfuelテーブル、 ignition timingテーブルを各自でリセット。 もしくは、キャブセッティングの時と同じように音と勘でセッティング。これは結構イケマス。 やはり基本に忠実にです。 Muzzy MAPを選択した人はそのまま即全開、6速レッドまで楽しんで下さい。
9)お断り:当然のことながらブローに関しては一切の責任は負いません。
PC-IIIr:ZX-12R MUZZY管用フルマップのインプレ
(22nd JUNE, '01)
*)MUZZYから、頂いた12R用の燃料マップ&イグニッションタイミングマップ見た感想として。
(やはりパワーコマンダーのHPでDLできるマップと、マジーから頂いたマップは多少違いました。) まず燃料マップを見て、2000rpm-2500まではかなり薄くしてあります。ノーマル状態とマジー管との相性とし濃いという証拠ですね。そこから6000まではばらつきがかなりあります。しっかり手直しされています。

さらに6000から13000(こんなに回さないのに・・)は燃料を補う為、ほぼ全域にわたり燃料増量しています。燃料マップ全体を見る限り、やはり抜けがいい分それを補うようになっています。(もちろん各開度ごとに微妙に差はありますが、簡単なイメージはこんな感じです)

*)次に、イグニッションタイミングのほうですが、下から上まで回転数とアクセル開度に綺麗に比例するように、最大5度まで進角させてあります。

*)近日、12Rにセットしてレポートさせて頂きます。

(25th JUNE, '01)

*)この週末にマップをアップロードしました。結果(240km/hまででは)最高です。非の打ち所ありません。ポン付けデータとは思えないほど乗り安く、低回転からパワーも体感できました。アイドルのブレは半分収まりました。谷は全くありません。ノーマル時に感じたパワーバンドをもう一回りパワーアップさせたような感じです。素直に上のほう、約6000rpmあたりからレッドまで一気です。パーシャル時の”アフターファイアー”もばらつき音も全くなしです。

一定速度を維持するのが苦手な12Rでしたが、今では余裕です。疲れません。乗りやすく、パワフルで素直な12Rになりました。来週末こそは、6速11500rpmまで試してみます。

(30th JUNE, '01)

直線が約15km続く某サーキットへ(爆)・・・6速レッドの旅にでかけて来ました。6速での伸びは、3.4速のそれと全く変わらずフケ切りました。気が付くとレッドでした。速攻スロットルをオフりましたが、すぐに全開カマスとまたレッドです。メーターはほぼ真下を指し、いったいいくつなのか不明です。だいたい今まで(900忍者やZZR)はレッド手前で一息つき、しばらくはスロットル全でジリジリ待たないと到底レッドまでは行きませんでしたが、、、、さすが!MUZZYというか。さすがは”12R”!!6速9000rpmからの鬼加速は間違いなく点火タイミングの進角が効いてる証拠ですね。

(5th AUG, '01)

この週末片道200円の某サーキットへ。前回は、待ち乗りの走りと超全開のトップスピードあたりのインプレに触れたので今回は、第三京浜あたりでのスピード域について。スピードでいうとよく使う?240から280前後のちょうど5.6速の中、高回転域につてのコメントです。乗り味としては下から上まで超フラットです。で、アクセルのツキ、いわゆるアクセルのオンオフにはどれくら い反応してくれるか。ですが、ちゃんと着いてき ます。これはあくまで個人的批評ですが、12Rの一番本 領の発揮できる域ではないかなと、感じました。

一言、これぞ最速!誰もついてはこれまい!!って感じです・・・。話が脱線しました。。。これは12Rの性能であってPCとは関係ないっすね。とにかく、フラットでいつでも迎撃&逃走モードに気持ちよく入ります。もとい・・・・入れます(笑)

たまたま視界に忍者君が2台いましたので、ちょっとからんでみました。(嫌みっぽくてすまん。自分も2台所有してました)当然のことながら・・・5速入れる必要もありませんでした。とりあえず再び一人で全開全開・・・シフトアップ5速へ。障害物接近につきあえてシフトダウンあえてフルブレーキ・・・パォパォ〜ンと3速へ。一番右から一番左までフルバンク移動。また一番右に向かって切り返しつつ全開。一気に倒し込みフルスロットル・・・

(25th SEP, '01)

この3連休に某ツーリングを某サーキットで某`で某人たちと走ってきました!!気温がかなり下がったのでかなりいい感じでした。やはり夏の濃いと感じた部分は濃ったです。涼しくなればなるほど、音が冴えて、加速が加速を呼びます!!お互い12Rなのにジリジリ差が縮まりました!! もう最高です。インプレになってませんがこれがインプレです(^^;

どのバージョンにも使えるパワコマ-3R用のソフト: クリック
ZX-12R用のマジー管、専用の燃調・点火時期マップデータ [パワコマ-3R用] : クリック
Return to TOP